The Week ニュース17
The Week ニュース16
The Week ニュース15
オランダネットからのお知らせ
2017年7月21日更新しました。
The Week提供 今週のニュース
◆内閣、英国在住者にも二重国籍認めず◆

オランダ内閣は、英国の欧州連合(EU)離脱(「ブレグジット」)と関連して、「二重国籍の禁止は緩和しない」という。在英のオランダ人が「ブレグジット後も英国に在留できるように」と英国国籍を取得する場合、オランダ国籍を失う。リュッテ(M. Rutte)首相が、在英オランダ人グループに向けた電子メールで、こう警告している。

 在英オランダ人グループは、ブレグジットを視野において、国籍法の緩和を求めている。グループが「英国の国籍を申請したいが、一方でオランダ国籍も保持したい」として実施した緩和を求める署名運動で、2万2000人の署名が集まった。現在、英国にはおよそ10万人のオランダ人が住んでいる。

 オランダでは、原則として、外国の国籍を取得したオランダ人はオランダ国籍を失う。内閣は、在英オランダ人について、例外措置をとる意向はないという。リュッテ首相は、グループに当てた電子メールに、「反二重国籍指針は、現内閣が政策の起点とするところである」と書いている。そして、これについて「国籍の所有は、当該の国との事実上、実際上の絆がある、ということ。オランダとのこうした絆がなくなったり、他の国との絆がオランダとの絆より大きくなったとしたら、オランダ国籍を失う時が来る」と、説明している。
(NRC 7月17日)

◆ANWB、チャイルドシート不良品を警告◆

「オランダ総合自動車連盟(ANWB)」は、自動車用のチャイルドシートをテストし、安全性に問題があるチャイルドシート2点について警告している。  テストは、ANWBが欧州の姉妹団体と共同で毎年実施しているもの。今回のテストでは、「レカロ・オプティア(Recaro Optia)」と「ヤネ・グランド・ワン(Jané Grand One)」の2商品について、「安全性に大きな問題あり」とし、消費者に購入を控えるよう、またすでに購入した人は返品するようアドバイスしている。

 レカロ・オプティアは、正面衝突事故が発生した場合、傷害のリスクが大きいという。テストでは、衝突の際、子どもがフレームから外れて車外に飛び出す危険が大きいことがわかった。実際に事故が発生した場合、子どもと前部座席に座っている人が大けがをすると想像される。ヤネ・グランド・ワンも、同様に、フレームから外れる恐れが大きい。ANWBによると、再試験でも同じ結果が出たという。

 テスト結果について、両メーカーには通知済みだが、まだ回答はないという。ヤネは、問題の製品の出荷を取りやめた。レカロ・オプティアは、昨年のテストでも評価が低かった。レカロは、その後商品を改良したが、それでも合格点はつけられなかった。
(NRC 7月18日)
日本語で読むオランダニュース[The Week]のご案内
ヨーロッパの小国ながら、リベラルな発想と積極的な外交姿勢、柔軟な商業精神で、世界の主要国のひとつに数えられるオランダ。その動きは、諸外国からいつも注目されています。
そんなオランダを、内側から見るのも非常に興味深いもの。ただ、それには、残念ながら「オランダ語」という大きな壁があり、英語で得られる情報にも限りがあります。
JPNの日本語で読むオランダのニュース「The Week」は、他の外国人向けメディアではなかなかキャッチできないオランダ国内のニュース・話題を毎週日本語で皆様にお届けしています。 日本語で読むオランダのニュース「The Week」は有料会員制です。会員の方は毎週オランダの最新ニュースを読めるだけではなく、2009年から現在まで全てのニュースがデータベース化されていますので、膨大な過去記事からニュースを絞って検索する事も可能です。 購読読希望の方は、「The Week購読希望」とお書きの上、こちらまで、お問い合わせ下さい。
The Weekログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

お奨めリンク
オランダ観光
オランダへの個人旅行は、ぜひアルクスツアーへ。
ばいばいねっと
オランダリビングサイト