The Week20
The Week19
The week 18
The Week 17
The Week 16
The Week 15
オランダネットからのお知らせ
2020年2月28日更新しました。
The Week最新ニュース
◆消費者組合、EU外の通販利用に警鐘◆

「アリエクスプレス(AliExpress)」、「イーベイ(eBay)」、「ライト・イン・ザ・ボックス(Light in the Box)」といったウェブ通販での買い物はリスクを伴う。「消費者組合(Consumentenbond)」がこれに警鐘を鳴らしている。

 欧州連合(EU)域外で購入された商品から無作為で250品を調べたところ、3分の2は、安全基準を満たしていないためにEU域内では販売禁止となるはずの商品であることがわかった。

 消費者組合は、EUの他の5つの消費者団体とともに、アリエクスプレス、「ウィッシュ(Wish)」、「アマゾン(Amazon)」、ライト・イン・ザ・ボックス、イーベイで販売されている商品250品を調べた。玩具、エレクトロニクス商品、宝飾品、(歯の)ホワイトニング剤などで、この結果、危険物質を含有している、使用に危険が伴う等で、165品に問題が発見された。  消費者組合のモーレナール(S. Molenaar)理事は、調査の結果に驚いている。消費者組合は、オランダ消費者に、今回の調査対象となったウェブサイトで衣料品、宝飾品、化粧品、玩具、電気機器を購入するのを当面控えるよう呼びかけている。
 (NRC 2月25日)



◆女性のフルタイム労働、若干増加◆

昨年、フルタイムで働く女性の割合が増大した。2016年、女性の労働人口のうち、週に最低35時間働いていた女性は25%だった。これが、2019年は27%になった。「中央統計局(CBS)」が2月20日に発表したまとめでわかった。フルタイムで働く女性の割合は、数年前から増大している。一方、男性ではゆっくりと減少している。フルタイムで働く男性の割合は、2016年には74%だったが、昨年は72%になった。

 働くオランダ人900万人のうち、昨年は約半数(51%)が週35時間以上就労していた。10年前は、これよりやや高く、54%だった。この10年間全体では、就労している労働人口の週の平均労働時間は31時間となっている。従業員を持たない自営業者(「zzp」)で、フルタイムで働く人では、週の労働時間が40時間を超えるという人が3分の1を占める。会社従業員の場合は、これよりずっと少なくて3%に過ぎない。

 CBSによると、女性労働者は、フルタイム労働者が最も少ない業界で働いていることが多い。サービス、医療、福祉、教育といった業界だ。フルタイム労働者が最も多い業界は、ICT業界と技術業界だ。また、全ての業界を通じて見ると、管理職者はフルタイムで働く割合が最も大きい。
 (NRC 2月20日)
The Week入会のご案内
ヨーロッパの小国ながら、リベラルな発想と積極的な外交姿勢、柔軟な商業精神で、世界の主要国のひとつに数えられるオランダ。その動きは、諸外国からいつも注目されています。
そんなオランダを、内側から見るのも非常に興味深いもの。ただ、それには、残念ながら「オランダ語」という大きな壁があり、英語で得られる情報にも限りがあります。
JPNの日本語で読むオランダのニュース「The Week」は、他の外国人向けメディアではなかなかキャッチできないオランダ国内のニュース・話題を毎週日本語で皆様にお届けしています。 日本語で読むオランダのニュース「The Week」は有料会員制です。会員の方は毎週オランダの最新ニュースを読めるだけではなく、2009年から現在まで全てのニュースがデータベース化されていますので、膨大な過去記事からニュースを絞って検索する事も可能です。 購読読希望の方は、「The Week購読希望」とお書きの上、こちらまで、お問い合わせ下さい。
The Weekログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
ばいばいねっと
オランダリビングサイト