The Week19
The week 18
The Week 17
The Week 16
The Week 15
オランダネットからのお知らせ
2019年7月12日更新しました。
The Week最新ニュース
◆お金がなくて休暇旅行を見送る人、増加◆

夏の休暇旅行は「高くつく」という人が増えている。「全国家計指導研究所(Nibud)」が伝えた。
 今年、「休暇旅行には行かない」という人は、昨年と同じく、4人中1人。休暇旅行に行かない人の3人中2人が、その最大の理由として「金がない」ことを挙げている。昨年は、54%だった。
 オランダ人は、「夏季休暇手当」を借金の返済や滞納している請求書の支払いに充てることが多くなっている。調査回答者のおよそ18%が、こう回答した。この割合は、2010年以降、徐々に大きくなっている。また、夏季休暇手当を大型物資の購入に使うという人も18%いる。
(NRC 7月4日)

◆自営業者、万一の時の受け皿なし◆
労働不能保険に入っていない自営業者(zzp、従業員を持たない自営業者)が多いことは、以前から周知だった。しかし、今回、無収入になった場合の準備も全くしていない自営業者が多いことが、わかった。保険に入っておらず、貯金もなく、さらに、マイホームあるいは自分の事業を担保にすることもできない自営業者が40%余りを占める。「オランダ応用科学研究所(TNO)」と「中央統計局(CBS)」が7月4日、自営業者5500人余りの間で実施したアンケート調査の結果に基づいて、報告した。

 この報告は、政府と労使にとって力強い資料だ。政府と労使は、6月に交わした年金制度改革合意で、自営業者に労働不能保険の加入を義務づける方針を決めた。当の自営業者は、「保険料が高すぎる」、「金の使い道は自分で決めたい」として、これに不満だ。

 会社従業員は、「社員保険実務機関(UWV)」を通じて、自動的に保険に加入している。従業員は雇用者とともに毎月保険料を納めており、労働不能時には労働不能保険(「WIA」)の手当てが支給される。

一方、自営業者は、民間保険会社の労働不能保険に任意で加入することができる。しかし、実際にこうした保険に加入している自営業者は、わずか2割程度に過ぎないことが、CBSが税申告をもとに以前実施した詳しい調査でわかっていた。今回のアンケート調査では、24%という数字が出た。今回調査によると、労働不能保険に入らない理由として、自営業者の半数近くが「経費の割に見返りが少ない」と回答した。そして、35%余りが「保険料を払えない」と回答した。
(NRC 7月4日)
The Week入会のご案内
ヨーロッパの小国ながら、リベラルな発想と積極的な外交姿勢、柔軟な商業精神で、世界の主要国のひとつに数えられるオランダ。その動きは、諸外国からいつも注目されています。
そんなオランダを、内側から見るのも非常に興味深いもの。ただ、それには、残念ながら「オランダ語」という大きな壁があり、英語で得られる情報にも限りがあります。
JPNの日本語で読むオランダのニュース「The Week」は、他の外国人向けメディアではなかなかキャッチできないオランダ国内のニュース・話題を毎週日本語で皆様にお届けしています。 日本語で読むオランダのニュース「The Week」は有料会員制です。会員の方は毎週オランダの最新ニュースを読めるだけではなく、2009年から現在まで全てのニュースがデータベース化されていますので、膨大な過去記事からニュースを絞って検索する事も可能です。 購読読希望の方は、「The Week購読希望」とお書きの上、こちらまで、お問い合わせ下さい。
The Weekログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
ばいばいねっと
オランダリビングサイト