The Week19
The week 18
The Week 17
The Week 16
The Week 15
オランダネットからのお知らせ
2019年3月22日更新しました。
The Week最新ニュース
◆◆内閣、CO2税導入の方針◆

「生活環境計画局(PBL)」と「中央計画局(CPB)」は3月14日朝、内閣の環境政策プランで予測される影響と効果に関する調査報告書を発表した。これで、CO2排出量を49%削減するという目標はおそらく達成不可能であること、また、政策指針とエネルギー税引き上げによって影響を受けるのは、特に低・中額所得世帯の家計だということがわかった。

 発表を受けて、下院の「グリーンレフト党(GL)」、「労働党(PvdA)」、「社会主義党(SP)」の左派野党3党はすぐさま、内閣に厳しい批判を浴びせた。「低所得者にツケが回って、企業は野放し」(GLのクラーフェル J. Klaver 党首)、「世帯の負担が減るように、大口排出者に対する課税が必要」(PvdAのアッシャー L. Asscher 党首)、「エネルギー料金を引き上げて最低所得者にツケを回すようでは、支持基盤は構築できない」(SPのマライニセ L. Marijnissen 党首)といった具合だ。

 こうした事態を受け、リュッテ(M. Rutte)首相は14日午後、政策指針の変更を発表した。指針変更は「一般庶民を守る」内閣を強調している。例えば、世帯のエネルギー税を大幅に引き下げるという。逆に、企業には「CO2税」を課す。これは、首相が所属するVVDが当初全く聞く耳を持たなかった課税だ。他に、ガソリン車とディーゼル車の課税は引き上げず、電動自動車新車への政府援助金は当初予定よりカットする。これは、中古電動自動車の利用を奨励するのが狙いだ。リュッテ首相は、「これで、負担の配分がより公平になった」としている。

 内閣としては、調査結果を無視するわけにはいかなかった。州議会選挙が目前に迫っている(3月20日)からでもある。州議会選挙の結果は、州議会における議席だけでなく、上院の議席をも左右する。上院議員は、州議会によって選出されるからだ。今回の州議会選挙では、GLの大躍進が予想されている。これを受け、上院でGLの勢力拡大が見込まれるなか、逆に現連立与党4党(「自由民主国民党 VVD」、「キリスト教民主同盟 CDA」、「民主66党 D66」、「キリスト教同盟 CU」)の上院での議席数は大幅に後退する恐れがある。これが現実となれば、与党は上院でGLの協力が必要になる。
 内閣の環境政策指針変更を、GLのクラーフェル党首は大歓迎し、PvdAのアッシャー党首は「リュッテ首相による懺悔」とコメントした。
(NRC 3月14日他)

◆オンライン通販、売上10%増◆

2018年、オランダ消費者のオンラインでの物資・サービス支出は237億ユーロだった。前年に比べて10%上昇した。小売業界のリサーチ機関「GfK」が、オンラインショップの団体「タウスウィンケル・ドット・オルグ(Thuiswinkel.org)」と郵便大手「ポストNL(PostNL)」の依頼で実施した調査でわかった。

 調査によれば、15歳以上のオランダ人のほとんど全員(96%)が「昨年、オンラインで買い物をしたことがある」とした。オンラインでの物資への支出は131億ユーロで、サービスはこれより若干少ない。オンラインショッピングは、小売業界売上の9.65%を占める。また、オンラインショッピングをする媒体としては、ノートブックパソコンが最多を占める。
(NRC 3月14日)
The Week入会のご案内
ヨーロッパの小国ながら、リベラルな発想と積極的な外交姿勢、柔軟な商業精神で、世界の主要国のひとつに数えられるオランダ。その動きは、諸外国からいつも注目されています。
そんなオランダを、内側から見るのも非常に興味深いもの。ただ、それには、残念ながら「オランダ語」という大きな壁があり、英語で得られる情報にも限りがあります。
JPNの日本語で読むオランダのニュース「The Week」は、他の外国人向けメディアではなかなかキャッチできないオランダ国内のニュース・話題を毎週日本語で皆様にお届けしています。 日本語で読むオランダのニュース「The Week」は有料会員制です。会員の方は毎週オランダの最新ニュースを読めるだけではなく、2009年から現在まで全てのニュースがデータベース化されていますので、膨大な過去記事からニュースを絞って検索する事も可能です。 購読読希望の方は、「The Week購読希望」とお書きの上、こちらまで、お問い合わせ下さい。
The Weekログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
ばいばいねっと
オランダリビングサイト