The Week20
The Week19
The week 18
The Week 17
The Week 16
The Week 15
オランダネットからのお知らせ
2020年5月22日更新しました。
The Week最新ニュース
◆事業者、将来について非常に悲観的◆

コロナショックは、オランダの事業者の信頼に前代未聞の打撃を与えている。今年第1四半期、事業者の信頼指数は、前四半期の6.4からマイナス37.2に急落した。「中央統計局(CBS)」によると、局が事業者の信頼について統計を取り始めて以来の最低値で、事業者がこれほど悲観的だったことは今までにない。  CBSの調査は、4月に完了しており、5月6日のコロナ対策緩和ニュースの影響はまだ含まれていない。事業者の信頼は、2018年初めに最高値(18.1)に達した後、2020年第1四半期末まで下降線をたどっていた。そして今、2013年最終四半期以来初めて、またマイナス値に、つまり悲観的な事業者が多数派を占めるようになった。

 目下のところ、業界別に見て、宿泊施設・飲食店(「ホレカ」)業界で信頼が最も低い。ロジスティック、自動車販売、そして工業関連の事業者も悲観的だ。一方、建設業と小売業の事業者は、将来への信頼度が比較的高い。
 (NRC 5月15日)


◆犬もコロナ感染◆

オランダで、ペット犬が新型コロナウイルスに感染したケースが報告された。他に、ネコの新型コロナウイルス感染も発見された。農業・自然管理・食品安全(LNV)省が5月15日、伝えた。

 このペット犬は、新型コロナウイルス感染症(「COVID-19」)にかかった飼い主から感染したもようだ。ペット犬は、呼吸困難がひどく、安楽死処分された。ただ、この呼吸困難が新型コロナウイルスが原因のものだったかどうかはわからないという。一方、ネコ3頭は、先にウイルス感染が確認されたミンク飼育場の敷地内で飼われているネコという。これら犬1頭とネコ3頭は、新型コロナウイルスの抗体があるのが確認された。

 「国家保健環境研究所(RIVM)」によると、新型コロナウイルスは、人から動物に感染する恐れがあるが、感染した場合でも、動物の健康への影響はさほど大きくないと考えらえれる。ただし、LNV省は、ペットの飼い主に、コロナ感染の症状がある場合は、ペットとの距離も十分取るよう努め、撫でたり抱きしめたりしないようにと呼びかけている。
 (NRC 5月16日他)
The Week入会のご案内
ヨーロッパの小国ながら、リベラルな発想と積極的な外交姿勢、柔軟な商業精神で、世界の主要国のひとつに数えられるオランダ。その動きは、諸外国からいつも注目されています。
そんなオランダを、内側から見るのも非常に興味深いもの。ただ、それには、残念ながら「オランダ語」という大きな壁があり、英語で得られる情報にも限りがあります。
JPNの日本語で読むオランダのニュース「The Week」は、他の外国人向けメディアではなかなかキャッチできないオランダ国内のニュース・話題を毎週日本語で皆様にお届けしています。 日本語で読むオランダのニュース「The Week」は有料会員制です。会員の方は毎週オランダの最新ニュースを読めるだけではなく、2009年から現在まで全てのニュースがデータベース化されていますので、膨大な過去記事からニュースを絞って検索する事も可能です。 購読読希望の方は、「The Week購読希望」とお書きの上、こちらまで、お問い合わせ下さい。
The Weekログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
ばいばいねっと
オランダリビングサイト