検索
売買情報

パソコン
家電製品
家具
家借ります/貸します
育児用品
その他

必ずお読み下さい
掲載の手引き

個人売買 広告掲載はこちら
無料広告フォーム

個人売買 広告変更はこちら
無料広告変更フォーム
オランダ情報
イベント
ビジネス
レッスン
求人/求職

必ずお読み下さい
掲載の手引き

有料広告掲載はこちら
有料広告フォーム
掲示板
広告
オランダの動物園・水族館 

名称 Artis アルティス (アルティス動物園)
見所 1838年に開園したオランダで最も古い動物園。アムステルダムの真ん中にある。ゾウ、ライオン、ヘビ、サル等、世界の動物が集まる動物園の他、プラネタリウム、地質学博物館で生き物が生まれた背景も再確認できる。また改築・拡張され97年に再オープンした水族館では、アマゾン川流域、熱帯さんご礁などの生態がそれぞれ15mの水槽に再現されている。そして、想像しにくいかもしれないが、魚が泳ぐアムステルダムの運河も再現されている。13〜14世紀に防御・運送の目的で建設され、かつては釣り人が集まり、ビールを醸造する水も汲まれていたという。
開場期間 通年
住所 Plantage Kerklaan 38-40 Amsterdam
電話 0900 – 27 84 796
URL www.artis.nl
 
名称 Dolfinarium Harderwijk ドルフィナリウム・ハルデルワイク (ハルデルワイク水族館)
見所 「イルカ島の秘密」と題したイルカのショーでは、ドーム型の建物の中のプールで、イルカ達がジャンプ、宙返り等々のパフォーマンスを披露する。特に調教師がイルカと一緒に水中を泳いだり、イルカの口先で放り上げられてジャンプするシーンは感動的。セイウチやアザラシ等のコミカルなショーも子供達にとても人気がある。また1千5百万リットルの海水をひいててきて作った池「ラグーン」では、イルカ達が自由に泳ぎまわる姿を地上からだけでなく、エレベーターで地下に降りて水面下から見ることもできる。その他、海賊の宝を探しに海に潜る3D映画「パイレーツ」、シュミレーション機能で海底疑似体験が出来る「SOSバラクーダ」も、スリルを求める人にお薦め。歩き回って疲れた後は、内海に面したレストラン「セイウチのウォリー」でパンケーキを食べるのもいいし、遊園地のある海岸に寝そべるのもいい。なお、この水族館はオランダの海岸に打ち上げられた、クジラやイルカ、アザラシなどを保護する機関にもなっているので、もしどこかの海岸でそんな場面に出くわしたらまずここに電話すること。
開場期間 要確認
住所 Strandboulevard Oost 1, 3841 AB Harderwijk
電話 0341-467 467
URL www.dolfinarium.nl
 
名称 Burgers' Zoo ブルガース・ゾー(ブルガー動物園)
見所 この動物園では、動物達の本物の生活空間に触れるために、本物の自然に出きるだけ近い環境「エコシステム」を取り入れた。まず、アフリカの「サバンナ」では、長さ250mの屋根をかぶった歩道橋から、キリンやサイ、シマウマ、または縄張りを守るライオン、高速で走りすぎるチーターなどの姿が観察できる。熱帯雨林の「森」には、うっそうとしげる植物の中を、くねくね曲がった道を歩いていくと、鳥の鳴き声が聞こえ、木の間からはカワウソやコウモリ、トカゲなどが顔を出す。洞窟トンネルを抜けて「森」を過ぎるとアリゾナの「砂漠」に出る。大きなサボテンが生える地面の下では、オオミミギツネやトリクイグモ、スカンクなどの夜行動物が隠れている。もちろん、ガラガラヘビも自分の(安全な)隠れ家に身を潜めている。「森」から暗い岩の道を通って行くと、「海」に出る。ラグーンを見渡し、遠方には見事な浅瀬礁がひろがり、そこからガラスの間を抜けて海に入っていく。ダイバーになった気分で、海綿やウニ、鮮やかな色の熱帯魚などに出会う。長さ20m、高さ約6mのガラスの向こうには、深く暗い水中の世界が広がり、突然サメが現れたかと思えば、銀色の魚の群れが横切って行く。
開場期間 通年
住所 Antoon van Hooffplein 1 6816 SH Arnhem
電話 026 - 442 45 34
URL www.burgerszoo.nl
 
名称 Diergaarde Blijdorp ディーアハールデ・ブライドルプ (ブライドルプ動物園)
見所 1856年に2人のロッテルダム鉄道職員が、線路沿いの小さなカフェを事務所にして開いたミニ動物園がはじまり。それが2年後にはロッテルダム市動物公園に成長。1873年にはアフリカゾウが初めて登場した。1938年の移転に伴い、ブライドルプ・ポルダーの地名にちなんで名称を変更、また同時に、施設全体の設計が1人の建築家の手による世界最初の動物園となる。しかし、移転途中でロッテルダムがドイツ軍の空爆に見舞われ、多くの動物たちが犠牲となった。生き残った動物たちはブライドルプに移され、1940年正式に新オープンした。動・植物の管理・飼育を通じての、自然保護の支援・普及を全体目標としている。中でも、絶滅危機にある動物の種の維持・飼育を目指し、園内に動物の自然生活圏を建設することに力を注いでいる。アジア、アフリカからの動・植物たちは、それぞれの大陸気候に合わせた環境に分かれて生活し、復元されたマレー式家屋なども加わりその土地の雰囲気も十分。
開場期間 通年
住所 Blijdorplaan 8, 3041 JG Rotterdam
電話 0900 1857
URL www.diergaardeblijdorp.nl
 
名称 Noorder Dierenpark ノールデル・ディーレンパルク (ノールデル動物園)
見所 動物園通の間では、ヨーロッパ一の名声を持つ動物園。収容動物の種類の広範囲さ、厩舎の設備、そして赤ん坊の出生率の高さなどがその裏づけともいえる。動物がのびのびと暮す動物園がモットー。動物園の中では、縮小された世界の大陸に世界の動物たちが暮している。ヌーやスプリングボック、ダチョウ、サイなどのアフリカのサバンナから、エキゾチックな動物たちが暮す南アメリカの熱帯雨林まで。川でマスを捕るクマ、竹林の中を忍び歩くトラ、あるいは花から花へ飛びまわる色鮮やかな蝶などなど。注目は、東アフリカからやって来た裸のモルモット。体毛も視力もほとんどないが、巨大な穴掘り歯をもった65匹のモルモットが、現在この動物園の地下に、ねぐらやトイレなどの部屋部屋をトンネルでつなぐ通路組織を作って暮している。大きな体の女王を筆頭に召使、兵士、見張りなどが自分達の町を忙しく動き回っている。その他、「蝶の庭」、「植物王国」、「アフリカ館」、「アジア館」などの屋内施設も充実しているので、悪天降でも楽しめる場所はたくさん。
開場期間 通年 (1/1,1e Kerstdag & Oudjaarsdag 除く)
住所 Hoofdstraat 18, 7811 EP Emmen
電話 0591-850855
URL www.zoo-emmen.nl E-mail: info@dierenpark-emmen.nl
 
名称 Apenheul アーペンヒュール (アーペルドールン・サル公園)
見所 網と柵を取り除き、サルたちが森や人間の間を自由に動き回れる、世界初の動物園として1971年に開園。当初は比較的小さい種類のサルだけだったが、園の成功に伴い、1976年にはゴリラが登場。1979年には、初めてゴリラの赤ん坊が生まれ、それも母親が群れの中自分の手で育てるという、当時では極めて珍しいケースと出した。現在では、南アメリカ、アフリカ、アジアからやって来た、約30種類のサルが何100匹と住んでいる。来場者はサルたちと間近で接触することができるが、もちろん、ゴリラなどは安全な場所に離されている。年々拡張が進み、1995年にはレストランやショップ、熱帯子供動物園が加わり、1999年からはオラン・ウータンが新しく仲間入りした。
開場期間 冬季休園 サイト要確認
住所 J.C. Wilslaan 21 7313 HK Apeldoorn
電話 055-357 57 57
URL www.apenheul.nl E-mail: office@apenheul.nl
 
名称 National Sea Life Scheveningen ナショナル・シー・ライフ・スヘフェニンゲン (スヘフェニンゲン水族館)
見所 40以上の自然の生態環境を再現した水槽内に、数十種類の海の生き物を見ることができる。特に、サメやエイなどが頭上を泳ぐ姿を数センチの間近で見れる、長さ8mの透明トンネル内では、海底散歩をしている気分を味わえる。「クラゲ:深海の幻影」コーナーでは、心臓も脳みそもなければ、目も骨もないこの不思議な生き物を、世界中から何種類と集め、音響・照明を用い、その薄暗く揺らめく世界にスポットを当てている。また、子供向けには入り口でもらえる問題用紙と特製めがねを用い、順路を回りながら、答えを発見するゲームが用意されている。最終的に、コンピュータやビデオで謎を解ける情報センター「シンク・タンク」にたどりつく他、「水中遊びのフロア」で海の生き物と遊び回ることも。海に関したあらゆるテーマで特別展も行っている。
開場期間 通年  
住所 Strandweg 13 2586 JK DEN HAAG
電話 070-3542100
URL http://www.visitsealife.com/scheveningen/
 
名称 Zoo Antwerpen ゾー・アントウェルペン(アントワープ動物園)
見所 約950種類、5000匹以上の動物が暮す、1843年に設立された王立動物園。現在も当時の面影をまだ残す動物園だが、動物たちの住まいは極めて近代的。「フリースランド」の凍りつくような環境の中で、ウミカワウソやペンギン、シロクマなど北極や南極の動物たちが快適に暮す。ゾウのような巨大な動物は広大な空間で。約1300平方メートルある新しく建設されたサバンナでは、全体を見渡せる橋がかかり、所々から池でゾウたちが水浴びしながら、戯れている様子が見て取れる。岩、高低地、池などを用いて、シベリア・タイガー、ヒョウ、サル、鳥、ハ虫類など、どの動物にも、理想的な環境が提供されている。また、子供動物園のコーナーでは、レッサーパンダが子供達の人気を集めている。また、オカピーやコンゴ・クジャク、ボノボ・チンパンジーなど、絶滅の危機にある動物たちの保護にも努めている。
開場期間 通年
住所 Koningin Astridplein 26, B-2018 Antwerpen, Belgium
電話
URL www.zooantwerpen.be
ばいばいねっと ご案内
Homeへ戻る

個人売買 広告掲載
無料広告フォーム

個人売買 広告変更
無料広告変更フォーム

有料広告フォーム

その他のご質問はこちら
お問い合わせ
オランダお役立ち情報
海外安全情報&連絡先
オランダ生活情報
県人会/サークル
観光施設/娯楽施設
アムステルダムの天気
Click for アムステルダム, オランダ Forecast