検索
売買情報

家電製品
家具
家借ります/貸します
育児用品
その他

必ずお読み下さい
掲載の手引き

無料広告掲載はこちら

無料広告フォーム

無料広告変更はこちら
無料広告変更フォーム

有料広告掲載はこちら
有料広告フォーム

その他のご質問はこちら
お問い合わせ
オランダ情報
海外安全情報&連絡先
県人会/サークル
オランダ生活情報
観光施設/娯楽施設
掲示板
有料広告

バナー&広告募集中.お問い合わせはこちらまで

The Week提供 今週のニュース : 公共交通乗客に行動規定
投稿者 : admin 投稿日時: ( ヒット)



公共交通機関の乗客に行動規定が設けられる。目下のコロナ危機の中で、乗客としてやっていいこと悪いこと、そして、わざと咳をしたり唾を吐くといった行動やバンダリズムを抑制するための行動規定だ。ファン=ニューウェンハウゼン(C. van Nieuwenhuizen)インフラ・水利相が3月26日、「オランダ鉄道(NS)」、都市・地域間交通機関の各代表者との協議を終えて、伝えた。

 新型コロナウイルス禍が始まってから、公共交通機関では、無賃乗車が増えている。わざと咳をしたり、乗務員の顔に唾を吐きかける人さえいるという。ファン=ニューウェンハウゼン・インフラ・水利相は「乗客がこんな行動をとるとは全くあきれた話」とし、この行動規定で、公共交通機関内の秩序を守りたい意向を伝えた。そして、「公共交通機関の車内でも、最低1.5メートルの間隔を置くことが重要であることを認識しないといけない」という。

 ファン=ニューウェンハウゼン・インフラ・水利相は他に、乗客の急減で公共交通会社が財政的に大打撃を受けることをできるだけ防ぐよう努力する意向だ。公共交通機関では、3月中旬の週末以降、乗客が90%以上も減っており、収入が激減している。中央政府として責任があるのはNSだけで、都市・地域間交通は州や地域といった「発注者」に依存している形だが、ファン=ニューウェンハウゼン・インフラ・水利相は、「何が必要とされるかを調べ、できるだけ早く申し合わせを立てたい」としている。

例えば、アムステルダムの公共交通会社「自治体交通会社(GVB)」は、通常なら毎日の乗客数87万5000人のところ、現在およそ15万人に減少している。そして、毎週およそ500万ユーロの赤字が出ていて、銀行と話し合いもしているという。
 (NRC 3月27日)


☆☆The Weekのご案内☆☆

ヨーロッパの小国ながら、リベラルな発想と積極的な外交姿勢、柔軟な商業精神で、世界の主要国のひとつに数えられるオランダ。その動きは、諸外国からいつも注目されています。
そんなオランダを、内側から見るのも非常に興味深いもの。ただ、それには、残念ながら「オランダ語」という大きな壁があり、英語で得られる情報にも限りがあります。
JPNの日本で読むオランダのニュース「The Week」は、他の外国人向けメディアではなかなかキャッチできないオランダ国内のニュース・話題を毎週日本語で皆様にお届けしています。


日本語で読むオランダのニュース「The Week」は有料会員制です。会員の方は毎週オランダの最新ニュースを読めるだけではなく、2009年から現在まで全てのニュースがデータベース化されていますので、膨大な過去記事からニュースを絞って検索する事も可能です。

購読希望の方は、「The Week購読希望」と、お書きの上、お名前(もしくは会社名)、住所、電話番号を明記し、


こちらまで


お問い合わせ下さい。


The Week今週のニュース
六本木通りクリニックからお知らせ
Fuji Hairからのお知らせ
ホームページはこちら
広告